歯ぎしり MEDICAL

当院が初めての方初診限定WEB予約

当院を受診したことがある方再来受付WEB予約

歯ぎしりと食いしばり

『歯ぎしりしてたよ』と言われたことはありませんか?『歯ぎしりしてたよ』と言われたことはありませんか?

『歯ぎしりしてたよ』と言われたことは
ありませんか?
上下の歯が不必要に接触している状態をブラキシズムと言います。
ブラキシズムは大きく分けて3種類あります。

  • 歯ぎしり

    歯ぎしり(グラインディング)

    ガリガリ、ギシギシと音を立てて
    上下の歯をこすり合わせる症状

  • 噛みしめ食いしばり

    噛みしめ
    食いしばり
    (クレンチング)

    強い力で歯をくいしばる症状

  • 歯を鳴らす

    歯を鳴らす(タッピング)

    上下の歯を繰り返しカチカチと
    音をならす症状

歯ぎしり・食いしばりの
セルフチェック

2〜3個当てはまる方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください。

    • 歯ぎしりをしていると指摘されたことがある
    • 歯の先端がすり減っている
    • 朝起きたときにアゴにこわばりがある
    • アゴの関節に痛みがあったり音がなる
    • 歯の付け根部分にくぼみがある
    • 冷たい水がしみる
    • 無意識に食いしばり(噛みしめ)をしている時がある
    • 食事の時に口を開けにくいことがある
    • 歯科医院で歯ぎしりや食いしばり(噛みしめ)してませんか?と言われたことがある

歯ぎしり・食いしばりを
してしまうのはどうして?

くわしい原因はわかっていませんが、
ストレスが重なると歯ぎしりや
食いしばりが多くなる傾向があると
言われています。

歯ぎしり・食いしばりは
なぜ悪いの?

歯ぎしり・食いしばりを続けていると歯がすり減ったり、歯の破折が起きます。お口の中に残っている歯が少ないほど歯にかかる負担は大きくなります。また、歯周病の悪化やせっかく入れた被せ物やインプラントも欠けたり割れたりします。アゴにも負担がかかり、お口が開けずらくなることもあります。

  • 歯がすり減ってくる

    歯がすり
    減ってくる

  • 歯を支えている、歯ぐき、骨が破壊される

    歯を支えている、
    歯ぐき、骨が破壊される

  • 顎関節症を引き起こす

    顎関節症を
    引き起こす

歯ぎしりがひどい時は
どうしたらいいの?

  • 歯を保護しましょう歯を保護するためにマウスピース(ナイトガード)があります。就寝時に上下のどちらかにマウスピースを装着して上下の歯が直接当たらないようにします。
    (マウスピースは健康保険が適用となります。)

    歯を保護しましょう
  • お口の周りをマッサージしましょうお口の周りの筋肉が緊張していると、歯ぎしりが起こりやすくなります。お顔とお口の周りの筋肉をマッサージしてほぐしてあげましょう。

  • あごをリラックスさせてあげましょう普段安静にしている時は、上の歯と下の歯は接触していないのが正常な状態です。ふとした時にあごに力を入れて噛み締めていたり、力が入っている時はリラックスしましょう。

  • ストレスをできるだけ溜めないようになかなか難しいことですが、疲れている時は心も体も休ませて頑張りすぎない事も大切です。心地の良い環境に自分を置いてみましょう。

スポーツ歯科MEDICAL

スポーツ外傷の予防のために

ラグビー・アメリカンフットボール・ボクシング・空手・ラクロスなどのボディコンタクトの激しいスポーツでは接触時などに顔面強打、それによる歯の破折・お口のケガの危険性があります。スポーツを楽しむにはまず安全であることが大切です。ケガからお口や歯を守るものとしてマウスガード(マウスピース・スポーツガード)の装着をしましょう。

マウスガードの効果

1番の目的はケガの防止

1番の目的はケガの防止

歯のケガの緩和(歯の破折・脱落)お口の中のケガの緩和頭部への衝撃の緩和運動能力の向上歯のケガの緩和(歯の破折・脱落)お口の中のケガの緩和頭部への衝撃の緩和運動能力の向上

マウスガードにはスポーツ外傷から守るだけでなくマウスガードを噛みしめることにより首が固定され、頭部へのダメージを軽減してくれます。また、かみ合わせが修復されることによりスポーツのパフォーマンス向上においても違いがあると言われています。

⚫︎どんなスポーツをするときに装着したらいいの?⚫︎
どんなスポーツをするときに装着したらいいの?どんなスポーツをするときに装着したらいいの?

マウスガード装着義務のあるスポーツ

・ボクシング・キックボクシング
・ラグビー・アメリカンフットボール
・ラクロス
・空手・アイスホッケー 
など

危険を有するスポーツ

・サッカー・柔道・ハンドボール
・スケート
・スキー・スノーボード
・野球
・バスケットボール
・マウンテンバイク など

『市販のマウスガード』と
『歯医者で作るオーダーマウスガード』は何が違うの?

歯科医院で作るマウスガードは専用の機械で1歯1歯にフィットした装着感が良いものを作り、装着時の噛み合わせも調整します。せっかく装着しても噛み合わせが悪いと顎の関節に痛みが出てきたりします。自分にピッタリ合ったもので、お口を守りましょう。

  • 歯医者で作る
    オーダーマウスガード

    歯医者で作るオーダーマウスガード歯医者で作るオーダーマウスガード

    利点

    • 外れにくく、発音に影響を与えにくい
    • 歯の型から作るので装着感良い

    欠点

    • 歯科医院で作るため、完成まで最低2回の来院が必要※生え変わりに時期は定期的に作り直しが必要です
      ※使用しているとすり減りもあるためメインテナンスが必要です
  • 市販の
    マウスガード

    市販のマウスガード市販のマウスガード

    利点

    • 安く簡単に購入できる
    • 自宅で自分で成形できる

    欠点

    • 外れやすく、発音しにくい、口が閉じにくい
    • 歯ならび、噛み合わせに影響が出ることも
    • 歯ならび、噛み合わせに影響が出ることも
    • 厚みがあり大きいので人により吐き気が出ることも
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 虫歯治療
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • 義歯(入れ歯)
  • インプラント
  • 歯が無くても大丈夫?
  • マタニティ歯科
  • 小児歯科・小児予防歯科
  • スポーツ歯科
  • 歯ぎしり
  • 金属アレルギー
  • キシリトール
  • 新しい歯周病治療
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 虫歯治療
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • 義歯(入れ歯)
  • インプラント
  • 歯が無くても大丈夫?
  • マタニティ歯科
  • 小児歯科・小児予防歯科
  • スポーツ歯科
  • 歯ぎしり
  • 金属アレルギー
  • キシリトール
  • 新しい歯周病治療